ヒアルロン酸が減少

女性年齢肌になるのはコラーゲンやセラミドが減少することも原因の一つですが、ヒアルロン酸の減少も大きな影響を与える要因の一つになっています。コラーゲンやセラミドは20歳ころをピークに減少しますが、ヒアルロン酸はもっと早くから減少傾向が強まります。

ヒアルロン酸とはもともと人の体内に存在しています。細胞と細胞に間に存在をしていて、保湿や肌のたるみの予防をする働きを担っています。

しかし、年齢を重ねていくとヒアルロン酸が減少をしていきます。赤ちゃんの頃にはプルンプルンの肌をしていても年齢を重ねていくと、弾力が無くなりしわやたるみが出てきますが、これはヒアルロン酸が減少しているからです。ヒアルロン酸をいかに減らさないようにするかが年齢肌対策には重要になってきます。

ヒアルロン酸の減少を防ぐには、須く女子でもヒアルロン酸を肌に補うことがポイントになってきます。

ヒアルロン酸入りの化粧品があれば、減少を食い止めることができると思って使っている方も多いでしょう。しかし、化粧品などで補ってもヒアルロン酸は性質上すぐに蒸発してしまいます。肌にとどまりにくいのです。そこでおすすめなのがサプリメントを使ってのヒアルロン酸の補充です。